コラム・観戦記

FACES創刊 vol.0

牌の背中を覗き込んでも、どんな牌かはわからない。

麻雀はそういう前提に立ったゲームです。

それは人間にとっても、麻雀の選手にとっても同じだと思います。

どんなに外見を覗き込んでも、麻雀を覗き込んでも、選手1人1人が持つバックグラウンドや思いはわからないはずです。

最高位戦創設から45年目を迎えた2020年、当協会の所属選手は587人になりました。

個性に富んだ587人には、当然1人1人に違ったバックグラウンドがあり、違った思いがあります。

彼らの個性を少しでも知ってもらいたい。そういう思いから、この度FACESというインタビュー企画を立ち上げることとしました。

この企画では、生い立ちや日常生活の様子、最高位戦にたどり着いた経緯などを、選手へのインタビューを通じてお伝えしていきます。

みなさんが対局をご覧になる際、この企画を通じて紹介した個性によって、観戦している手に少しでも多く力が入るのなら喜ばしい限りです。

毎月1日、15日に刊行予定となります。個性的なライター陣とともに、選手1人1人の色んな顔を覗いていきましょう。

 

FACES編集長 鈴木聡一郎

コラム・観戦記 トップに戻る