タイトル戦

最高位決定戦

最高位戦リーグ

1976年に創設されたタイトル戦をその源とし、プロ団体の中でも最古の歴史を持つリーグ戦である。

当初は一発裏ドラ無しのいわゆる競技ルールで開催していたが、第22期からは広く一般に受け入れられるため、現状の一発裏ドラ有りの一般ルールに変更された。

AからB2は通年(12節)、C1以降は半年(5節)で昇降級を決する。1節は4半荘。

Aリーグの上位3名と前年度最高位が、10月から行われる【最高位決定戦】に進出。
勝者は「最高位」の栄誉を手に入れる。

観戦記一覧

歴代最高位

西暦 期別 氏名
1976年 第 1 期 灘 麻太郎(順位率部門)・川田 隆(得点部門)
1977年 第 2 期 田村 光昭
1978年 第 3 期 小島 武夫
1979年 第 4 期 小島 武夫
1980年 第 5 期 田村 光昭
1981年 第 6 期 狩野 洋一
1982年 第 7 期 大隈 秀夫
1983年 第 8 期 青野  滋
1984年 第 9 期 金子 正輝
1985年 第10期 佐藤 孝平
1986年 第11期 金子 正輝
1987年 第12期 金子 正輝
1988年 第13期 西田 秀幾
1989年 第14期 飯田 正人
1990年 第15期 飯田 正人
1991年 第16期 飯田 正人
1992年 第17期 飯田 正人
1993年 第18期 徳久 英人
1994年 第19期 井出 洋介
1995年 第20期 飯田 正人
1996年 第21期 五十嵐 毅
1997年 第22期 岩川 聖基
1998年 第23期 飯田 正人
1999年 第24期 金子 正輝
2000年 第25期 飯田 正人
2001年 第26期 古久根 英孝
2002年 第27期 古久根 英孝
2003年 第28期 飯田 正人
2004年 第29期 尾崎 公太
2005年 第30期 古久根 英孝
2006年 第31期 張  敏賢
2007年 第32期 張  敏賢
2008年 第33期 飯田 正人
2009年 第34期 飯田 正人
2010年 第35期 村上  淳
2011年 第36期 石橋 伸洋
2012年 第37期 近藤 誠一
2013年 第38期 新井 啓文
2014年 第39期 村上  淳
2015年 第40期 近藤 誠一
2016年 第41期 近藤 誠一
2017年 第42期 村上  淳
2018年 第43期 近藤 誠一
2019年 第44期 坂本 大志

タイトル戦 トップに戻る